2010年01月31日

【104】駕籠と乗物(鈴木和雄)

 2008年にNHKが放映した大河ドラマ「篤姫」の中で姫様が乗ったというお駕篭(貴人が乗る駕篭は乗物と言ったという)がアメリカのスミソニアン博物館から貸し出されて江戸東京博物館で展示された。篤姫さんが乗った乗物は展示場の説明では「黒塗二葉葵唐草葵牡丹紋散蒔絵女乗物」と名付けられ、大きなガラスケースの中に鎮座ましましていた。

 この展示会には他にも多くの乗物や駕篭が出品されており、昔、殿様や奥方、姫君が乗った乗物、駕篭を一覧することが出来た。女乗物では他に「梨子地葵紋散松菱梅花唐草文様蒔絵女乗物」とか「黒塗梅唐草丸に三階菱紋散蒔絵女乗物」「松竹梅椿剣酸漿(かたばみ)紋蒔絵女乗物」、等々、これ等の名前を聞いただけで乗物の外側の飾りの模様が想像されよう。

 乗物の内装も源氏物語の絵巻物の絵が画いてあるように、いろいろな美麗な絵が画いてあり、昔の貴婦人はあの狭苦しい乗物の中でも飽きなかったことであろうことが想像できるものであった。これ等の乗物本体の自重が56kgから58kgで夫々の乗る人の体重や着る物、持ち物によるであろうが、全体では80kg近くになったと言う。これを何人の陸尺(六尺とも書く、ろくしゃく)(担ぎ手)で担いだのだろうか。

 落語には女の貴人の噺はないが、男では殿様が出てくる噺では「紀州」の中で尾州の殿様が駕篭といっているが、乗物の中で、鍛冶屋の朝の仕事で刀を打つ音を聞いて幸先、吉と微笑んでいる。「竹の水仙」でも通りかかった細川公が甚五郎が作った「竹の水仙」を目ざとく見付け、買い取る事を部下に命じている。

 「火焔太鼓」でも古道具屋の小僧が掃除のために叩いた太鼓の音を乗物の中の殿様が聞きつけて、その太鼓を見たいから城中に持って来るように命じている。この他、落語に出てくる駕篭は上方噺の「住吉駕篭」「たばこの火」、江戸の噺で「蔵前駕篭」「蜘蛛駕篭」「紋三郎稲荷」「二人旅」があるが、これ等は貴人の乗った乗物と違い、簡素なもので、当時、使われていたものを揚げて見ると次のような物がある。

 展示場にあったり、図示で説明されていた乗物や駕篭は乗物、女乗物のほか、留守居駕篭、江戸医師駕篭、御忍駕篭、隠居駕篭、権門駕篭、献物駕篭、唐丸駕篭、その他、法仙寺(宝泉寺)駕篭、四つ手駕篭、(関西では四つ路駕篭と言った)、網代駕篭である。

 留守居駕篭は各藩の留守居役の武士が乗るもので、格式のある立派なもの、江戸医師駕篭も噺の「代脈」に出てくる医師が乗るのに相応しいもの、御忍駕篭は余り立派ではないが、大名が御忍びで出かける時のもの、隠居駕篭は隠居した人が乗るのに相応しい駕篭である。権門駕篭は家臣が主用を行なうときに乗るもの、献物駕篭は人が乗るものでなく、献物をする場合に、そのものを載せていくものであり、噺の「二人旅」では長薯を将軍に献上するために運送する駕篭に土下座をさせられている。唐丸駕篭は犯罪人を送るための駕篭であり、軍鶏(シャモ)を入れる籠に似た駕篭で、搬送する時は更に駕篭の上に縄を掛けて運んだと言う。

 法仙寺駕篭は四面を囲んである駕篭で、引き戸又は簾で戸口を閉めることが出来る。住吉駕篭や蜘蛛駕篭では定員1名の駕篭に駕篭掻きの知らぬ間に2人の客が乗っていて、中で騒ぎ始め、駕篭の底を抜いてしまい、客2人も駕篭の中で歩いていく噺だ。

 網代駕篭は竹を網代に編んだ物を駕篭の腰の部分に使い、黒く塗ってあるものが武士の上級者が乗り、朱く塗ってあるものは官僧が乗ったという。「蔵前駕篭」でこれから吉原に遊びに行こうという金を持っている客が乗ったのは法仙寺駕篭か町駕篭の四つ手駕篭か。

 四つ手駕篭は駕篭の四方の柱に竹を使い、床は割り竹を編んだもので、町駕篭又は辻駕篭に使われ、江戸庶民の乗り物として利用された。金馬さんの「紺屋高尾」、志ん朝さんの「幾夜餅」に出てくる吉原で年期を終えた花魁が、高尾太夫は紺屋の久蔵のもとへ、幾夜太夫は搗き米屋の清蔵のもとへ吉原から乗っていったのが、四つ手駕篭であることは両師匠が噺の中で説明している。京阪では四つ路駕篭といわれたそうな。

 山を行く旅人が乗ったのが、山駕篭であり、噺のマクラに一人旅の女が乗せられ、目的の所とは違った所に連れ込まれ恐ろしい思いをしたと言う話を聞いている。この駕篭は今でも四国の金比羅さんに行くと六百数段の階段を客を乗せて運んでくれている。

 町駕篭、辻駕篭が今の流しのタクシーだとすれば、宿駕篭は駕篭問屋で待機していて、客の要望に応じて目的地まで送っていく駕篭である。

 駕篭は江戸時代の初めは一般の人は乗る事を禁じられていた。徳川幕府は家康が武家諸法度の中で、駕篭に乗れる身分は、公家、門跡、徳川一門のもの、国持大名、60歳以上のもの、奥向き女中、陰陽師,医師、病人と決められていた。

 更にいろいろな制限が加えられ、武士でも軽輩の者や町人は利用することができなかった。しかし、寛政の頃(1624)から、駕篭の数量が増加し始め、殊に四つ手駕篭のような簡易なものが出始めると、町駕篭、辻駕篭が出て来て、法度の取り締まりも段々薄れて、ったと言う。

 この頃になると、噺のマクラで話されているような「いびき駕篭」や「紋三郎稲荷」のような武士や町人が気楽に駕篭を利用する噺が出来たのであろう。「いびき駕篭」は駕篭賃と酒代を要求する駆け引きの噺、「紋三郎稲荷」はお稲荷さんを「だし」にした噺で駕篭かきの勘違いをうまく利用している。

 駕篭賃は武士の場合は公用に限り、お定め賃銭があったので、駕篭の担ぎ手も余計な要求は出来ないが、それ以外の客とは相対で駕篭賃が決められるので駕篭かきの要求が充分に聞いてもらえないと、途中で酒代という心付けを要求されることがあったという。

 「蔵前駕篭」の噺では日本橋の駕篭問屋で宿駕篭に乗り、吉原まで行こうという客が駕篭賃として支払ったのは幕末で日本橋から吉原大門までで、800文だったという。天保年間では2朱と言う記録があるそうで、これも750文ぐらいだから大した違いはない。この噺の場合は駕篭賃のほかに、たっぷり酒代も払っているというから、結構な出費になったのだろう。

 天保年間に舟で吉原に行くとなると柳橋から山谷堀まで、屋根舟で船頭2人で400文、船頭1人だったら300文、猪牙舟で行けば148文というから舟の方が割安だったのだろう。別の記録で尾張町から白山まで行くには銭110文が駕篭賃だったという。この場合、距離がわからないが、いずれにしても、吉原行きは大分、足元を見られていたのだろう。

 昔、早駕篭を出して貰うと1里90文という記録があるそうで、江戸―京都間を4日と10時間で走ったというから、担ぐ方も乗っている客も大変な旅だったようだ。駕篭は普通は一里を一時間かけて運ぶが、少し早くて40分で行ったそうだ。

 所で昔は駕篭に乗る人はトイレの方はどうしたのだろう。一般の男の人だったら、駕篭に乗る前に一寸そこらで、用をたし、駕篭に乗っている時も担ぎ人に頼んで用をたすことが出来たろうが、女の人の場合はそうは行かない。なるべく今日は駕篭を使う必要があったら水分は摂らないように注意し、途中で必要になったら、いずれかの茶屋か店屋で借りるなどの手立てをしたようだ。

 しかし、お偉方となるとそう簡単にはいかなかったようだ。小川恭一著の「江戸城のトイレ、将軍のおまる」によると、将軍は乗物に乗る時は、前もって用をたしておき、目的地に着くまでは間にあう様にすることが普段からの嗜みになっていたという。

第九代将軍の家重は体が弱かったので、しょっちゅう小用所に行くことが多く、「小便公方」と呼ばれたと言うが、この人が江戸城を出て、芝の増上寺に行く時は、桜田門外、虎の門外、増上寺裏門際に将軍用仮設トイレを設けて置かねばならず、また上野寛永寺に行く時も神田橋内、筋違門外、上野黒門内に仮設トイレが必要であったという。この公方さんは城内における儀式中にも用を足す為、席をたったと言う。

 しかし、将軍以外の侍の幹部や大名はその日の儀式、会議のため前日から水分を摂らず、体を節制して城に登らなければならなかったというから、幹部も大名も大変だったのだろう。

 勿論、休憩はあるから、その時まで保てばいいのだが、なるべくなら行かないに越したことはない。何せ儀式などで城中に上がる時は大名や幹部連中は裃を着たり、直垂、大紋、素襖、長袴、狩衣、布衣、指貫等夫々の礼服を着ており、将軍なども衣冠束帯で儀式に臨むときは自分一人で着たり脱いだりすることは出来ない。

 こんな時にトイレに行くとしたら大変だ。しかも短時間に処置しなければならない。そこで将軍の場合は「公人朝夕人」(くにんちょうじゃくにん)と言う役目の土田家の人が(世襲)小用所に銅製の尿筒(しとづつ)を持ってきて、袴の割れ目の間から差し入れて、用を足してもらったそうである。

 しかし、この公人朝夕人が出てくるのは京都の御所に将軍が参上した時だけの御用で、江戸城内やその他のところでは御小姓や御小納戸人が竹の尿筒で用を済ませたと言う。大名や幕府の幹部の連中も夫々の使用人に筒を持参させ、トイレで儀式の服装のまま、袴の脇から差し入れてもらい、用を足したそうだ。この待機する使用人を呼びに行ったのが茶坊主だったそうである。

 将軍が乗物に乗って江戸城を出ることは滅多になく、普通の公方さんは仮設トイレを一ヶ所ぐらい設ければ済んだが、それでも、間に合わないときはいく道の沿線のいずれかの大名の屋敷により小休止をして用を足したり、大きな店が在る時も利用させてもらったりしたという。

 いずれにしても、乗物や駕篭の中で尿筒を使うことはなかったという。奥方や姫様が乗ってもちゃんといずれかの宿やしかるべき施設のあるまで乗物を進めたそうである。

噺のマクラでも話されているが、駕篭は効率の悪い道具だった。 たった一人を運ぶために最低二人の人が必要である。ましてや乗物のように豪華で,重いものとなったら宰領を入れて十人近くの担ぎ手が居ないと運ぶことが出来ない。また、乗物でなくても早駕篭になれば駕篭を引っ張る人、担ぎ手4−6人の人達が一人のために働かねばならない。

 しかも、東海道のように宿駅が在る時は宿駅の度に担ぎ手が待機している担ぎ手と交替して行くと言う多数の人のエネルギーを使うことになる。現代はこれとは逆に車でも、電車でも、一人の人が多くの人を運んでいるが、この一人のために多数の人が多くのエネルギーを出して支えていることも忘れてはならないだろう。
posted by ひろば at 17:54| Comment(1) | TrackBack(4) | エッセイ
この記事へのコメント

初めてのマ00チョはねっとり最高!!
たんまり突きまくって20満ゲトって、信じられんわ!!!
http://acmahsjfms.com/pre/ibo-cr6/
Posted by トップガン at 2010年11月02日 07:45
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/35035951

この記事へのトラックバック

吸い付きがパネェ!!
Excerpt: 女のあそこの中ってあんな絡みついてくるもんなの? テンポ抜く時ちゅっっっぽんっ!!ってスゴい音したしなw
Weblog: コロンビア
Tracked: 2010-03-23 18:31

露出だいすき
Excerpt: 今回はこちらでいっぱい見てもらってきました。誰しも初対面の人に見せるというのは物凄く緊張することですが、少しおしゃべりしながら楽しい時間を過ごすことで慣れてくるものです。そして徐々に話しの話題は
Weblog: 露出だいすき
Tracked: 2010-08-19 17:54

富山ギャルフリマ
Excerpt: 富山ギャル専門フリマサイト登場♪
Weblog: 富山ギャルフリマ
Tracked: 2011-04-28 12:32

兵庫県 - 確実☆即決せフレ案内所
Excerpt: 登録からお相手検索、待ち合わせまで全てをこのサイトでチェック!
Weblog: 兵庫県 - 確実☆即決せフレ案内所
Tracked: 2012-06-02 06:32